読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✨ 輝く女性プロジェクト ✨

頑張る女性のこれからを応援するために、ワルツパソコンスクール箕面のスタッフから様々な情報を発信します。

どうなる配偶者控除!? ワルツ的解釈から考えてみます!

こんにちは!
 
ワルツパソコンスクール箕面 オーナーの『 T 』です。
今年もあと3週間を切りましたね。
年々、早く感じます、「つい先日、年明けだと言っていたのに。もう年末か・・・」みたいなところでしょうか(^-^;
 

f:id:waltz-mino:20161211120634j:plain

 
ここ最近、テレビや新聞でよく取り上げられています『配偶者控除額が103万円以下から150万円以下に引き上げられる』というニュースです。
今回のこの『2017年度 与党税制改正案大網』と言われてますがこの件は我々、『ワルツパソコンスクール箕面』としても、当然注目しております。
当教室に通っていただいてます生徒様は主に「子どもが小学校に上がってちょっと落ち着いたので何か資格を取っておきたい」といった方や
「今、仕事をしていますが子どもが来年大学生になるので学費がまたかかります。今よりも収入を上げたいと思ったので、そのために資格を取っておきたい」などといった方が多いです。我々としましても『何か良いアドバイス』が出来たらと考えております。そこで、今回は『ワルツ的解釈』という観点でお話が出来ればと思います。
とは言え、私はそういった事のいわゆる『専門家』ではございません。税理士さんや会計士さんのような専門的な観点からこのお話をすることは当然、出来ません。
しかし、僕はお勉強をしました!(笑) 
すみません(^-^; 
ただ、決してふざけてはいません!
正直なところ、それこそ検索エンジンで『配偶者控除』で検索すればそれに関する記事はたくさんあります。
ただ、どれも・・・・、「専門用語がいっぱいでよくわかんない」ってなると僕は思いました。
 
だったら、僕みたいないわゆる『ど素人』が「要はこういう事ですよね」と僕なりの解釈で簡単にご説明することで
ちょっとした『付加価値』を感じていただけるのではないかと考えた訳です(^-^)
では、まずは配偶者控除について簡単に説明を・・・。
難しい言い回しはあえてしませんので(^-^)
 
【現在の配偶者控除の税制】
夫(会社員)年収制限はありません
妻(パート)103万円以下(厳密にいうと合計所得38万円以下という表現が適切らしいですがややこしいのでこうしときますね)
        ↓ 
結果)38万円の所得控除が受けられます。(要するに38万円世帯収入から差し引いて申告ができるので所得税がその分少なくなるということです。
注意)たまに間違って所得税の金額が38万円少なくなると思う人がたまにいます  →実は僕も最初はそう思ってました(笑))
夫の年収が600万円とした場合は年間の所得税3万8,000円の減税となります。
※配偶者特別控除はまた別です。ややこしくなるので今回は説明いたしません(^-^;
 
で、今回の税制改正案(平成30年1月から実施予定)ですが、
 
【今回の見直し案】
夫(会社員)年収制限があります
1120万円超→26万円、1170万円超→13万円、1220万円→ゼロ)
妻(パート)150万円以下
        ↓
結果)同じく38万円の所得控除が受けられます(ただし、上記に記載してあるように今回から夫の年収制限がありますので1120万円以下で38万円の所得控除が受けられます。それ以上のなると3段階で所得控除額が変わります)
『ど素人』の僕がすぐ思っちゃうのは
「わーい!150万円ー103万円=47万円分非課税で働けるからラッキー(^^)/」
ハイ! ちょっと違いまーす(笑)
ここに落とし穴があります(^-^)
それは・・・、
社会保険です!!
妻の年収が130万円を超えると、夫の健保の扶養家族ではいられなくなります。130万円以上あるということは妻自身が勤務先の社会保険に加入しなければなりません。
結果・・・、妻自身が社会保険に加入した場合、年間約20万円くらい(概算です)かかりますので、
150万円ー約20万円(社会保険料)=約130万円、約130万円ー103万円=約27万円分非課税で働けるー(^^)/ 
そうですね(^-^) これで問題ないですよねー。
ん? ちょっと待った!
「そんなんだったら、130万円以下に抑えて働けば社会保険も夫の健保の扶養家族でいられるわけだから20万円分多く働いても、働かなくても手取り一緒じゃないの!」
朝の情報番組『〇〇たん』で某メインキャスターが「これって間違って150万円まで働いちゃう方がいると思うし、政府もそれ狙いで少しでも税収を取れるって思惑があると思んじゃない?」っておっしゃってました(笑)
色々と細かいことはあると思いますが僕(ワルツ的)解釈ですと・・・
130万円まで つまり、103万円からだと27万円 多く働いても配偶者控除が適用される!で イイのではないでしょうか?
年間27万円世帯年収が増えることがどれだけメリットがあると考えるかはそれぞれだと思いますが、僕的には少しでも年収を増やしても税金がかからないのであればこの税制改革案は活用すべきだと思います。
我々、ワルツパソコンスクール箕面はそんな前向きな女性を応援したいと思ってます。
そんな方に少しでも参考にしていただけたらと思います(^^)
 
オーナー『 T 』でした。
 
 
 
女性専用のパソコンスクール 講師もすべて女性!
ただいま、無料体験実施中♪
 
 
f:id:waltz-mino:20161005182350j:plain