読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✨ 輝く女性プロジェクト ✨

頑張る女性のこれからを応援するために、ワルツパソコンスクール箕面のスタッフから様々な情報を発信します。

わたしがワルツパソコンスクールに出会うまで【2】

こんにちわ。スタッフNです。

今日は前回に続き、『わたしがワルツパソコンスクールに出会うまで』続編です!

 

 4月。下の子が小学校入学し、しばらくは給食がないので早く帰ってきたり、何かと忙しく、職探しといっても日曜日に入る求人広告を眺める日々が続きました。

 

募集が多い職は、「ヘルパー・介護士資格ある方」「要看護師免許」…そんな資格ないし、今から取ろうというモチベーションとお金も時間もない。。

 

次に目についたのは「ワード、エクセル基本的なパソコン操作が出来る方」…パソコンは昔習ったり、仕事で使った事もあるけれど昔とかなり変わっているだろうし、殆ど経験ないし忘れた。何より苦手だ。。あと私とパソコンは良い思い出がなく、なぜか私が使うとすぐ固まったり、印刷が詰まったり・・。あかん、出来れば避けたい(*_*;

それにしても、「パソコン基本操作出来る方」の文言を記載している求人多いなぁ。病院の受付の求人にも書かれている。今の私が面接受けったって、どこの会社も雇ってくれないやろなぁとため息ばかりでした。

 

 そんなある日、学校で参観があり、4月から保育士で働いているAちゃんママにばったり会いました。

 

私:「Aちゃんママ、保育士さんってすごいね。」

Aちゃんママ:「そんなことないよ。沼田さんは昔OLさんやったでしょ。だったらパソ

       コン使う仕事いいんじゃない?」

私:「でもパソコン苦手で。昔とは全然ちゃうし、ちょっとしか使えないねん。」 

Aちゃんママ:「私はパソコン全く使えないから、ちょっとでも使える人かっこいいと

       思うよ!」

 

そうかー、パソコン使えたらかっこいいんかぁ。「ちょっとしか使えない自分」を、

パソコン基本操作出来ます!」と胸張って言えたら、もっとかっこいいやろな。何よりパソコン出来たら、職の窓口めちゃ広がるやん!

 

「パソコン苦手」と甘いこと言ってて、これといった資格のない私よ、このままでいいんか?!

 

自分の中のもう一人の自分の声が聞こえていました。

 

次回へ続く。