読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✨ 輝く女性プロジェクト ✨

頑張る女性のこれからを応援するために、ワルツパソコンスクール箕面のスタッフから様々な情報を発信します。

マウスなしでパソコン操作する技を覚えたのは過去のPC事情だった。

小技 ショートカットキー スタッフK 教育  学校

こんにちわ。

スタッフKです。

 

f:id:waltz-mino:20161017165748j:plain

*1

箕面はすっかり秋めいて来ました。

日中はまだ暖かいのですが、朝夕は、寒くなりました。

お写真は先月の箕面の滝ですが、あとひと月もすれば、紅葉が見ごろになりそうです。

 

さて、今日は『私の小技』の原点についてお話しします。

そもそも、私が小技を覚えたのには、理由があるのです。

私がコンピューター業界で働きだしたのは、バブルのさなかです。

【IT業界】が流行し始めた頃です。

その当時、Windowsはまだありませんでした。

若い方には馴染みがないと思いますが、DOS/V(ドスブイ)というOSだったんです。

今でもDOS/Vはパソコンの中で動いてるんですよ。

電源を入れてWindowsの初期画面が出るまでに、真っ黒な画面に英字がパラパラと出るのを見たことがある方は多いと思いますが、それがDOS/Vなんです。

DOS/Vの上でWindowsが動いているって感じなんですが・・・

ちょっと、難しいですね・・・"(-""-)"

 

もちろん、マウスもありません。

入力や命令は、キーボードからのみです。

記憶媒体は磁気テープやカードが使われていました。

 

Windowsが発表されたのは、バブルがはじける頃です。

私の勤めていた会社にも導入されましたが、今のように一人に一台のパソコンがあるわけではありません。

5人に1台ぐらいしかありませんでした。

交代で使うって感じです。

 

今のパソコンとの大きな違いはDOS/Vのパソコンに、Windowsのソフトをインストールして使用します。

WordやExcel、筆まめとかをインストールするような感じですね。

一台のパソコンにWindowsインストールするには、4~5時間かかったように思います。

そして、マウスもWindowsとともに発売されましたが、当時は高価だったため、パソコンの台数分、マウスが用意されていませんでした。

 

となると・・・すべて、キーボード操作するしかないのです。

Shift Ctrl Att F1~・・・・・

こういったキーをとにかく試してみるの繰り返しでした。

そうして身についたのが、小技の代表選手である『ショートカットキー』です。

 

マウスが無くてもキーボードだけで大抵の事は出来ます。

マウスに持ち替えないので、作業効率もあがります。

 

『ショートカットキー』の代表選手が【コピー】と【貼り付け】です。

コピーしたい文字列をドラッグして、

◆Ctrl + C  ⇒ 【コピー】

◆Ctrl + V  ⇒ 【貼り付け】

これだけでも、作業時間が短縮できます。

 

そんな『ショートカットキー』、今後も少しずつ、紹介していきたいと思います。

*1:日本の滝100選 箕面大滝